【コテージ比較】イースト/ウエスト/ヴィラの違い【軽井沢プリンスホテル】

プリンスホテル特集

軽井沢プリンスの大きな魅力の一つ、それはコテージ!!

でも、軽井沢でプリンスが運営するコテージは、

  • 軽井沢プリンスホテルイースト
  • 軽井沢プリンスホテルウエスト
  • ザ・プリンスヴィラ軽井沢

3施設

更にそこから、目的に合った部屋タイプを選ばないといけません…!!

「何人まで泊まれる?」「価格は?」「子連れなんだけど…」「ペットはOK?」

ちょっとちょっと…こりゃ選ぶのに一苦労(笑)

宿泊先選びは幸せな悩みではありますが、時間は有限、できるだけサクッと決めちゃいたいですよね(^^;)

本記事で徹底的にまとめましたので、しっかり比較してあなたが選ぶべきコテージをはっきりさせましょう☆

1.まずは全部屋タイプを一覧で確認!

ザ・プリンスヴィラ軽井沢
(部屋タイプ:3種類)
テラスタイプ(平屋建て)
102㎡
6名まで
※2名分はソファベッド
約35万円
メゾネットタイプ(2階建て)
129.5㎡
6名まで
約44万円
メゾネットスパ
(2階建て・温泉天然風呂付)
129.5㎡
6名まで
約46万円
軽井沢プリンスホテルイースト
(部屋タイプ:5種類)
プリンスコテージA
47.4㎡
4名まで
約12万円
ファミリールーム
47.4㎡
4名まで
※2段ベッド&ツイン
約12万円
プリンスコテージB(テラス付)
54.1㎡
※冷暖房はリビングのみ
4名まで
約10万円
ドッグコテージ
54.1㎡
4名まで
価格記載なし
キャットコテージ
54.1㎡
※冷暖房はリビングのみ
2名まで
約12万円
軽井沢プリンスホテルウエスト
(部屋タイプ:4種類)
プリンスコテージA
47.4㎡ ※冷房なし
4名まで
約10万円
プリンスコテージD
52.0㎡
4名まで
約11万円
プリンスコテージE
74.8㎡
6名まで
約16万円
プリンスコテージF
95.0㎡
8名まで
約21万円
※価格は公式サイトより。

こちらに記載した価格はあくまで比較用で、通常はこの価格よりかなり安くなります(後述)。

全体像は把握できましたでしょうか?

それでは早速、それぞれの特徴を見ていきます!

2.ザ・プリンスヴィラ軽井沢のコテージ特徴

今回のコテージ特集の中でも、断トツで高級路線なのがこちらの「ザ・プリンスヴィラ軽井沢」。

「ザ・プリンス」なので通常の「プリンスホテル」より格上なんです。

▶参考:プリンスホテルのブランドをランク別で解説した記事はこちら

全タイプが6名までOKなので、例えば4人家族+祖父母というパターンがおすすめ。

(ちゃっかり宿泊代金を祖父母にお願いしちゃったりして…笑)

そして!!全コテージに付いてくる特典が手厚すぎます↓↓

ザ・プリンスヴィラ軽井沢の全コテージの特典
・ラウンジで朝食、軽食、おつまみ、フリードリンク(アルコール含む)を無料で利用可能
・温泉施設利用無料
・フィットネスルーム利用無料※予約制・入場制限あり
・ボウリング無料
・レンタサイクル利用無料(4月~11月)
・ゴルフコース 1日1回プレー無料(要予約)4月中旬~11月下旬
・専用テニスコート(2時間まで)利用無料
・スキーリフト券無料(11月~3月)※ナイター含む

ラウンジ利用が無料なので、朝食やカフェ代、晩酌代がかかりません!

温泉はもちろん、多数のアクティビティも無料がたくさんあるので、滞在中子どもが退屈する…ということも回避できますね♪

3.軽井沢プリンスホテルイーストのコテージ特徴

そもそも、イーストとウエストの違いって何?と言う方は、まずは▼の記事でホテルの違いを確認してみてくださいね。

ホテルでもそれぞれ特徴がありますが、コテージではどうでしょうか?

イーストの最大の特徴は、ファミリールーム、ドッグコテージ、キャットコテージがあること!

ファミリールーム

ツインルームの寝室と、2段ベッドのある子ども部屋がある構成です☆

備え付けのベビー用品

DVDプレーヤー、こども用イス、おむつバケツ、こども用便座、おねしょマット、ベビーサークル、ロードマップラグ、積み木、コンセントカバー、コーナーガード

貸出しベビー用品※事前問い合わせ必要

ベビーカー、プルメア、音の出る絵本、DVD、ベッドガード、ベビーバス、ベビーバスチェア

バストイレも別なので、赤ちゃんのお風呂も家と同様の手順でOKですね(^^)

※軽井沢プリンスホテルの温泉施設は、オムツの子はNGなんです涙

ドッグコテージ

1室4名、原則3頭までOKのドッグコテージ♪

3か所のフェンスと3か所のリードフック。

わんちゃん専用装備も充実しています!

ワンちゃん専用装備

リードフック付きの足洗い場、足ふきタオル、専用ドライヤ―、入り口柵、トイレ専用袋、掃除機、クイックルワイパー、毛取り用コロコロ、その他専用アメニティ

タオルは宿泊者用とワンちゃん用で色分けされているそうなので、安心して使えます。

ドッグコテージの周辺には、

  • ドッグラン(小型犬と中大型犬とでエリアが分かれています)
  • ドッグケアハウス(一時預かり、爪切り、シャンプー、カットなどのサービスが受けられる)
  • ドッグキャビン(コテージ内でのわんちゃんのみのお留守番はNGなので、無料でここに預けられます)

など充実☆

キャットコテージ

リビングルームには、ネコちゃんが楽しめる遊具が設置されているお部屋です(^^♪

ネコちゃん用品

キャットハウス(ケージ)/キャットタワー/キャットリビング(違い棚):4台/入口柵/足拭きタオル/トイレ専用袋/爪とぎ(持ち帰り可)/ベッド/トイレ/トイレ用砂/食器/消臭スプレー/クイックルワイパー/毛取り用コロコロなど

4.軽井沢プリンスホテルウエストのコテージ特徴

ウエストのコテージは広さが売り!

コテージD,E,Fは、広さも泊まれる人数もUPしつつ、ザ・プリンスよりは安めの設定

最も広いコテージF(95㎡)は、ツインルームが4室・ユニットバスが4か所というスイートルーム以上⁈の設計になっています☆

コテージFの注意点としては、冷房がないこと。

軽井沢は避暑地なので夏でも冷房はいらない…のですが、近年温暖化?の影響か、少々暑い日もゼロではないですね。

それでも夜はだいぶ涼しいので、暑くて眠れない!ということはないかと思います(個人の見解ですが)。

5.公式サイトよりお得に予約しましょう

あなたが選ぶべきコテージは決まりましたか?

いつ、誰と、何人で、予算はどれくらいか?

そこが洗い出せれば、あとは出来るだけお得に予約するのみです♪

最初の一覧表では、結構なお値段のコテージたちでしたよね(^^;)

でも安心して下さい、予約サイトによって大幅に安い値段で泊まることができます

おすすめは一休.comもしくは楽天トラベル

私は何でも楽天で購入しちゃいますし、スーパーセールの日なんかは宿予約でもポイント優遇されるので、いつも楽天トラベルですね。

めちゃくちゃポイントがたまります(笑)

逆に「結構 一休.com で予約することが多い」と言う方は、一休でポイントを貯めていくのももちろんアリです!

さて実際に値段を見ていきますが、例えば「軽井沢プリンスホテルイーストのコテージB」の場合。

公式サイトでは室料10万円でしたが、楽天トラベルでは2名分で2万5千円~(時期により変動あり)でした!!!

つまり80%オフです(笑)公式サイト価格なんなん?ですよね(^^;)

あなたの日程で希望のコテージに空きがあるのか、いくらになるのか、早速確認してみてください☆

▶楽天トラベルで軽井沢プリンスホテル イーストの価格を見る

▶楽天トラベルで軽井沢プリンスホテル ウエストの価格を見る

▶楽天トラベルでザ・プリンス ヴィラ軽井沢の価格を見る

6.コテージ解説のまとめ

いかがでしたでしょうか?

ざっくりまとめますね↓

  • ザ・プリンスヴィラ軽井沢のコテージ:とにかく特典が手厚すぎる。朝食やカフェ、アクティビティに困らない。
  • 軽井沢プリンスホテルイーストのコテージ:ファミリ―、ペット連れに適したコテージが充実。
  • 軽井沢プリンスホテルウエストのコテージ:広くてザ・プリンスよりリーズナブルなコテージ。

夏の避暑シーズンと冬のスキーシーズンは特に人気なので、日程さえ決まっていれば、ササっと予約すべしです!

コテージは数が限られるので、人気のお部屋はあっという間に埋まったり、直前だと価格が高騰したりするかもです汗

予約サイトのおすすめは、一休.comもしくは楽天トラベルでした!

それでは、素敵な軽井沢コテージの旅になりますように…♪

いってらっしゃい(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました