【どっち】ヒルトンVSグランドニッコー【子連れ・東京お台場ホテル】

子連れ旅行

こんにちは!2児の母、もふたろです。

今回は、お台場の駅直結2大ホテル、

「実際何が違うの?」「どっちを選んだらいいの?」「なるべく安くお得に予約したい!」

本記事では、それぞれのホテルと予約サイトを徹底比較!

結論、

ホテルのラグジュアリーさや朝食を重視するならヒルトン

ヒルトンと同等の価格でラウンジ利用までできちゃうのはグランドニッコー

そしてなるべく安く予約できるのは一休.comでした☆

詳細は以下で各項目ごとに比較!

3分で記事を読んで、そのままお得な方法で予約完了までしちゃいましょう!(全部でおよそ5分)

そうすれば、あとは観光プランを思う存分練るだけです(*’ω’*)

▶参考:0歳と2歳の子連れでヒルトン東京お台場に泊まってみた正直宿泊レポ

①アクセス・立地

最寄り駅や駐車料金等、ほぼ同じです。アクセスや立地で選ぶ必要はないでしょう。

詳しいアクセスについては下記の通り!

お急ぎの方は「②チェックイン・アウト時間」へ飛んじゃってくださいね(^^)/

・電車で行く

ゆりかもめに乗るなら、先頭がダントツおすすめ☆

どちらのホテルも、ゆりかもめ「台場駅」直結(改札を出て右がグランドニッコー、左がヒルトン)。

りんかい線の場合は「東京テレポート駅」下車、徒歩10分。

・車で行く

ヒルトン:187台(¥2,000 消費税込/滞在)※最大6,000円まで

グランドニッコー:374台(¥2,000 消費税込/滞在)※チェックインからチェックアウト日の14:00まで。エグゼクティブフロア宿泊で駐車料金は無料!

・タクシーで行く

グランドニッコー東京台場公式HPより抜粋

②チェックイン・チェックアウト時間

ヒルトン東京お台場のクリスマスシーズンは、エントランスに巨大ツリーが出現!

ヒルトン東京お台場グランドニッコー東京台場ともに

チェックイン:15:00~

チェックアウト:~翌12:00

※プランによっては13時チェックインも可能だったりします!

③ホテル内プール

グランドニッコーは夏季限定、さらに3歳未満は不可。

↓一方ヒルトンは年中営業で0歳からOK!

子連れでプール目的ならヒルトンかな~

プール設備営業時間価格子ども対応
ヒルトン
東京お台場
室内プール
屋内外ジェットバス
サウナ
10:00~23:00
(最終受付 22:00)
※宿泊の場合
大人3,750円
子ども1,850円
(0歳~15歳)
0歳からOK(プール用おむつ着用)
アームヘルパー以外の浮き輪などNG
グランドニッコー
東京台場
テラスプール
子どもプール(水深0.55m)
夏季(7~8月)限定
10:00~16:00
17:00~21:00
※2022年度参考
平日デイタイム
大人8,000円
3歳以上4,000円

土日祝デイタイム
大人12,000円
3歳以上6,000円
3歳未満、おむつ (防水おむつ含む) 着用の入場不可
アームヘルパー以外の浮き輪などNG

(アームヘルパーの無料貸出有)

④子ども・赤ちゃん連れへの対応

どちらもベビーフレンドリーで大差はないです!

それでも比較すると、貸出品の多さと6歳以下までビュッフェ無料という点でヒルトンの勝ちかなと。

子連れ対応子ども価格子ども向け無料貸出品サービス
ヒルトン
東京お台場
小学生以上は大人と同料金
5歳以下の添い寝は無料
ナイトシャツ
ベビーベッド
ベッドガード
スリッパ/歯ブラシ
温度調整可能なポット
プレイマット
オムツゴミ箱
おねしょパッド
踏み台
お風呂場用滑り止めシート
子供用椅子(バンボ)
タオル類追加
哺乳瓶煮沸
離乳食の預かり(冷凍/冷蔵)、温め
6歳以下はビュッフェメニュー無料
グランドニッコー
東京台場
小学生以上は大人と同料金
5歳以下の添い寝は無料
ナイトウェア
ベビーベッド
ベッドガード
スリッパ、歯ブラシ
乳児ミルク専用ポット
プレイマット
補助便座
ベビーバス
哺乳瓶煮沸
3歳以下はビュッフェメニュー無料
1歳未満の子連れなら、ベビーベッドを無料で借りられます♪(要事前予約)

⑤ラウンジ(エグゼクティブ特典)

グランドニッコー東京台場のラウンジ

ホテル利用で無視できないのが、ラウンジ利用ですよね!

非日常を味わうにはラウンジがかかせません♡

ではではラウンジを比較していきます。

ラウンジ対象場所営業時間ラウンジ以外の特典
ヒルトン
東京お台場
エグゼクティブルーム、スイートルームに宿泊
or
ヒルトン・オナーズ ダイヤモンド会員
3階6:30~21:00
■朝食/6:30~10:00(平日) 6:30~10:30(土日祝)
■アフタヌーンティー/14:30~17:00
■カクテルタイム/17:30~19:30
特になし
グランドニッコー
東京台場
エグゼクティブフロア、スイートルームに宿泊2階
27階
10:00~21:00
■朝食/7:00~10:00(30階レストラン)
■アフタヌーンティー/10:00~16:30
(スイーツの提供は15:00から)
■カクテルタイム/17:00~20:00
27階ビューラウンジ利用可能
フィットネスクラブ利用無料
冷蔵庫内の飲み物無料
ウェルカムスイーツ
部屋に「ネスプレッソ」設置
駐車場1滞在1室1台分無料

エグゼクティブフロア宿泊特典は、グランドニッコーがかなり手厚い!!

「⑦お部屋&価格」で詳しく記載しましたが、ヒルトンのスタンダード部屋と同等の価格で、グランドニッコーのエグゼクティブフロア宿泊可能です!

コスパ良くラウンジ利用したいなら、グランドニッコー東京台場で決まりですね☆

⑥朝食

ヒルトンブレックファストの一例♪取り方雑ですみません…

ビュッフェスタイルの朝食を比較してみます。

朝食価格場所目玉メニュー
ヒルトン
東京お台場
大人 4,200円 /小学生 2,520円
(未就学児は無料)
 5階「グリロジー バー&グリル」ずわい蟹のオムレツ
トリュフエッグベネディクト
ZENBヌードル(グルテンフリー)
ライスヌードルフォー(グルテンフリー)
グランドニッコー
東京台場
大人3,500円/小学生2,000円
4歳~6歳1,200円
1階「GARDEN DINING」オムレツ
フレンチトースト?
ワッフル?

グランドニッコーは30階「玉がかり」での和定食も選べます!

またエグゼクティブフロア宿泊なら、最上階「The Grill on 30th Bar & Lounge」でのセミビュッフェor寿司定食orルームサービスを選ぶことができます♡

ただ、ビュッフェ内容はそこまで特筆すべきものはなさそうでした。

私はヒルトンの朝食をいただきましたが、上記の目玉メニューのほかにもミニドーナツやトッピング可能なワッフルなど珍しいものがあり、とてもわくわく楽しめました。

うーんやはり朝食もヒルトン勝利かもしれません…

(そもそも、朝食自体の価格がヒルトンの方が700円高いので当然といえば当然です。朝食にこだわりがないなら逆にグランドニッコーでよいかと^^)

⑦お部屋&価格

お部屋の種類ってホテルによって呼び方も変わり、理解しきれないまま、予約を取ってしまったり…

以下の表で比較、スマートに適切なお部屋選びをしましょう!

無駄に高い部屋に泊まる必要はないですよね!

※各ホテルのエグゼクティブ宿泊特典は⑤でまとめています(^^♪

・ヒルトンは眺望次第

ヒルトン東京お台場 エグゼクティブキングルーム

スイートを除いて、各部屋ツインとキングから選べます。

全客室バストイレ別、バスは洗い場付き♪子連れにはうれしすぎます。

早速、表で確認!(今回スイートは除きました)

ヒルトン東京お台場のお部屋広さ眺望ラウンジ利用楽天トラベル一休.com
ヒルトン ツインルーム33㎡潮風公園の緑や、品川・大井方面の埠頭×18,582円~18,211円~
デラックスツインルーム40㎡東京湾を一望できるバルコニー付き×19,997円~19,598円~
スーペリアデラックス ツインルーム40㎡レインボーブリッジ、東京タワー×20,805円~20,389~
エグゼクティブツインルーム40㎡レインボーブリッジ、東京タワー
バスルームから部屋越しに東京湾を望む
22,421円~21,973円~
プレミアムエグゼクティブツインルーム40㎡レインボーブリッジ側の上層階に位置し、
東京の大パノラマや朝日・夕日を眼前の望む
23,229円~22,765円~
※価格は、平日朝食付き2名宿泊時の1名の価格(2023年1月現在)

お部屋の広さはヒルトンルーム以外、同じです。

違いは眺望!(&ラウンジ利用権)

何が見えるか、高層階か、バスルームからも景色が見えるか…

予約サイトの比較では、大差ないものの一休.comがほぼ最安値出しています!

・グランドニッコーは、広さと眺望を掛け合わせて!

グランドニッコー東京台場 エグゼクティブフロアブリーズスタイルスーペリアダブルルーム(レインボーブリッジ側)

グランドニッコーのお部屋はかなり細かくわかれているので、完全に理解するのはちょっと大変でした(^^;)

ただ、つまりは…

広さ=スーペリア(33㎡)orデラックス(42㎡)

×

眺望の有無=レギュラー(眺望×)orベイビュー(眺望〇)orエグゼクティブ(眺望選択可、ラウンジ利用可)

あなたが求める広さと眺望(ラウンジ利用)をかけ合わせれば最適なお部屋にたどり着きます♪

グランドニッコー東京台場のお部屋広さ眺望ラウンジ利用楽天トラベル一休.com
【レギュラーフロア】
スーペリアツイン(リニューアル)
33㎡(14F〜19F改装客室)
眺望・階数等指定不可
×12,240円~10,898円~
【ベイビューフロア】
スーペリアツインルーム
33㎡20階以上、高層階ベイビューフロア確約
※レインボーブリッジビュー無し
×12,640円~12,010円~
【レギュラーフロア】
デラックスルーム(リニューアル)
42㎡(14F〜19F改装客室)
眺望・階数等指定不可
×14,160円~12,604円~
【ベイビューフロア】
レインボーブリッジ側スーペリアツイン
33㎡20階以上、高層階ベイビューフロア
レインボーブリッジビュー確約
×14,560円~13,833円~
【エグゼクティブフロア】
25・26階スーペリアツイン
33㎡25・26階特別階の海風感じるブリーズスタイル
※レインボーブリッジビュー無し
18,000円~18,023円~
【ベイビューフロア】
レインボーブリッジ側デラックスツイン
42㎡20階以上、高層階ベイビューフロア
レインボーブリッジビュー確約
×19,920円~18,925円~
【エグゼクティブフロア】
25・26階デラックスルーム
42㎡25・26階ブリーズスタイル
※レインボーブリッジビュー無し
20,640円~18,022円~
【エグゼクティブフロア】
25・26階レインボーブリッジ側スーペリアツイン
33㎡25・26階ブリーズスタイル
レインボーブリッジビュー確約
20,640円~20,668円~
【エグゼクティブフロア】
27・28階レインボーブリッジ側デラックスツイン
42㎡27・28階オーセンティックスタイル
レインボーブリッジビュー確約
23,360円~23,393円~
※価格は、平日朝食付き2名宿泊時の1名の価格(2023年1月現在)

ヒルトンの場合よりも、こちらの方が一休.comの安値が際立っていますね・・!

お部屋や楽天セール時などでまた変動はあると思うので、現在の安値はどちらか確認してみてくださいね(^^)/

※一休と楽天トラベル以外は、あまり安い印象はなかったです(エクスペディアは高かった…)。

ただ価格は各予約サイトごとに随時変更されるので、気になるサイトはチェックしてみてください!

⑦まとめ

ヒルトンデラックスキングルームからの夜景

各項目で比較してきました!まとめてみましょう♪

あなたにぴったりなのは、どちらのどのお部屋でしたか?

私は4か月&2歳を連れて、ヒルトンのデラックスキングに宿泊してきました♪

その時は焦って予約したので、価格比較せず楽天トラベルで予約しました(^^;)

でもでも!0・5のつく日のスーパーセールなどで楽天ポイントががっつりもらえたので良しです!(笑)

その時の宿泊記はこちらから~(^^)/

では!素敵な宿選びを~♡

おまけ
アメックスでヒルトンオーナーズ会員になると?

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード(年会費16,500円(税込))に入会すると、

・カード利用と継続でウィークエンド無料宿泊を1泊GET

・ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを無条件でGET(通常1年間に20回のご滞在または40泊が必要)

etc…

※ポイントはヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントです

⇒詳細はこちらから(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました